【運動を始めたい方必見】フィットネスクラブ、24時間ジム、パーソナルジムを比較 違いと選び方を解説 体を動かす方法を紹介




体を動かして理想の体を手に入れる

体を動かして健康を手に入れる

そう強く意気込んで運動を始めてみたものの、なかなか続かなかったという経験をお持ちの方は多いかと思います。

その原因は人それぞれです。

  • 忙しくて続かなかった
  • お金がかかる
  • 施設が充実していない
  • 1人ではトレーニング方法がわからない
などなど様々です。

しかし、それらの原因は「運動をする環境を変える」ことによって解決できるかもしれません。

少しでも自分に合った運動の方法を見つけることで、より運動を楽しく感じたり、以前より継続力が生まれたりするものです。

公園や運動場、家で行う


極論を言ってしまえば、「最もコストを抑え最も手軽」な方法は近所の公園で懸垂を行ったり、近辺の道路をランニングすることです。

道路さえあればランニングは出来てしまうし、公園さえあれば懸垂や腹筋くらいは誰だってすることが出来ます。

家であれば天候に左右されることもなく、腹筋や体幹を鍛えることができます。

しかし不思議なもので、「手頃過ぎる」「いつでもできる」という状況に置かれると、人はいつまで経っても行動にせず終わってしまうというケースが多いです。

初心者に最も向いている運動の方法であると同時に、手軽過ぎるが故に「最も継続するのが難しい」運動の方法といえるでしょう。

評価
コスパ
(5.0)
手軽さ
(5.0)
施設・設備
(1.0)
指導
(1.0)
コミュニティ
(1.0)

公共施設を使う


区や市で管理している体育館やトレーニングセンターを利用するという方法です。

月額費が発生するわけではなく、1回の利用ごとに料金が発生します。料金も1回につき200円~500円程度。スタッフの方が常在していて、マシンの使い方を教えてくれるところもあります。そのため初心者にも向いています。

コスパや手軽さを兼ね備えながら、施設や指導もそこそこ充実しています。

都内で例を挙げてみると、

都内の運動できる公共施設
東京体育館
品川総合体育館
墨田区総合体育館
などは設備も充実していてオススメです。

また、近所の区民プールにも筋トレや運動を行う設備が備わっている場合があります。

比較的時間のある主婦の方や、年配の方が利用されるケースが多いです。

「健康維持のためにたまには体を動かさなきゃと思っている」という様な方にはオススメです。

評価
コスパ
(4.0)
手軽さ
(4.0)
施設・設備
(2.0)
指導
(2.0)
コミュニティ
(2.0)





24時間ジム


月額費を支払って会員になる方法です。

最近は24時間で営業しているタイプのジムが増えており、1つの店舗だけでなく全国に存在する店舗を利用できることが特徴です。そのため忙しく時間のないサラリーマンや、休みが不定期なパートの方に適しています。

相場は大体7000円~8000円ほど。

公共施設に行けば設備はそこそこ整っているし安いので、よっぽど通わなければ24時間ジムの値段を上回ることはありません。

しかし、24時間ジムのいいところは好きな時間に通えてマシンが揃っていること。

「筋トレで筋肉をつけたい、ランニングでダイエットをしたい」という様な方にはオススメです。

忙しい方にとっては最も継続させやすい環境が整っています。

大手を例に挙げてみると、

などがあります。

24時間ジムについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

24時間ジムの評価や違い 大手3社を徹底比較! あなたにオススメの24時間営業スポーツジム・セルフジムとは?
評価
コスパ
(3.0)
手軽さ
(3.0)
施設・設備
(3.0)
指導
(3.0)
コミュニティ
(3.0)

フィットネスクラブ


いわゆる一般的なジムです。相場は大体9000円~10000円。会員層は一概には言えませんが、年配の方が少し多いです。

24時間の営業はしていませんが、会員になれば設備はなんでも揃っています。

トレーニング用のマシンはもちろん、プールや温泉、ヨガスタジオまであります。営業時間が9時~20時前後という場合がほとんどですので、忙しいサラリーマンの方にはあまり向いていないかもしれません。

フィットネスクラブのいいところは、体を動かすことを一種の娯楽の様に楽しい時間を過ごしたい人が集まっていること。「体を動かす」という同じ目的を持った人たちが集まり、コミュニティを築いている場合が多いです。

「比較的時間とお金に余裕があり、運動を楽しみたい」という様な方にはオススメです。

大手を例に挙げてみると、

大手フィットネスクラブ
セントラルスポーツ
JOYFIT
ティップネス
コナミスポーツクラブ
などがあります。

評価
コスパ
(2.0)
手軽さ
(2.0)
施設・設備
(5.0)
指導
(3.0)
コミュニティ
(5.0)

パーソナルジム


専属のトレーナーの指導のもと、トレーニングをすることができるジムです。わかりやすい例で言えば、「結果にコミットする」でお馴染みのRIZAPなどがそうです。

様々なコースが用意されていますが、2ヶ月~数ヶ月の間指導を受けるのが一般的です。相場は入会金で10000円~50000円。月額が10万円前後。とても気安く始められるような値段ではありません

しかし、専門のプロが徹底的に指導してくれるため、「圧倒的な筋肉をつけたい」「体を絞って美しいボディラインを手に入れたい」などどんな願いでも叶えてくれます。

トレーナーはあなたの指導だけでなく、食事まで徹底的に管理してくれるため目標達成を最短で導いてくれます。

理想の体を手に入れるための最も手っ取り早い方法といえるでしょう。

また、全額返金サービスを取り入れているところもあるので、途中で続ける自信がなくなってしまった場合にも安心です。

パーソナルジム
RIZAP(ライザップ)
XSLIM(エクスリム)
24/7ワークアウト
などがあります。

評価
コスパ
(1.0)
手軽さ
(2.0)
施設・設備
(5.0)
指導
(5.0)
コミュニティ
(5.0)