アメリカの道路標識の意味を実際の写真を使って解説!

制限速度①

「ここから制限速度〇〇マイルになりますよ」という意味。
この場合は50マイルに制限速度が変わるよという意味。

制限速度②

「最低速度〇〇マイル(下)、制限速度〇〇マイル(上)ですよ」という意味。
この場合は40マイル以上70マイル以下で走らなくてはなりません。

合流の標識①


日本は左からの合流がほとんどですが、アメリカでは右からの合流がほとんどです。
この標識を見たら合流車線を注意したり、速やかに左側の車線に車線変更するようにしましょう。

合流の標識②

こちらも「右からの合流がありますよ」という意味。
合流の標識①と異なる点は、しばらくそのまま合流車線が残ることです。
なので、合流してくる車のために左側の車線に変更する必要はありません。
車線の数減少

こちらのオレンジ色の標識は、
「まもなく車線の数が減りますよ」という意味。
この標識を見た時点でもし右側の車線にいたら、速やかに左側の車線に移りましょう。
左車線にいる場合でも、急に右から車線変更してくる車もいるので、警戒しておきましょう。
日本と同様、ほとんどは2車線から1車線に減少する場合です。

左車線は追越車線

日本の高速道路や大きめの道路では、右側が追い越し車線ですが、アメリカでは左側が追い越し車線です。
なので、この標識は「左車線を詰まらせたらいけませんよ」ってことを言っています。
自信のない方は右側をマイペースに走りましょう。
アメリカではオプティマスプライムのようなトラックがわんさか右車線を低速度で走っていますので、その際は左から速やかに追い越しましょう。
一方通行

進入禁止

日本同様、入ってしまうと逆走になるので注意!
YIELD(ゆずれ)

僕これ勘違いしてました。
「徐行」ではなく「ゆずれ」。
高速道路から降りて一般車道と合流するところや、合流ポイントなどによくあります。
一時停止する必要はありません。
信号のない交差点はアメリカの場合、譲り合いで成り立っています。
Uターン禁止

アメリカは、ほとんどのお店は大通り沿いにあるので、脇道から行くということはほとんどありません。
ナビが示す道を通り過ぎてしまった場合などは間違いなくUターンです(笑)
ですが特に交通量が多い大通りはこの転回禁止のマークがあるので注意!
右折禁止

これは正直珍しいですが、大通りから脇道に入ろうとするときにあったりします。
出口専用レーン(EXIT ONLY)

高速道路は専らこんな感じの標識です。
黄色く「EXIT ↓ ONLY」と書かれたレーンは、間もなく出口ですよという意味。
よって、その出口で降りるのなら速やかにそのレーンに車線変更をし、もし自分が走っていたレーンが「EXIT ↓ ONLY」になってしまったら速やかに左車線へ移動しましょう。
ぼんやり右側の車線を走っていると知らないうちに出口専用レーンになって、あれーー?高速降りちゃう!なんてこともあるので気を付けましょう。

その他の標識はこちらの海外旅行と国際免許ガイドを参考にしてください。
結局他サイトに丸投げwww

ただのマークよりは実際の写真の方が雰囲気をわかっていただけたかと思います。
それでは素敵なアメリカドライブを♪