Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
          

【KFC】ケンタのバイトって大変?5店舗経験した僕が仕事内容を語ります。

今年もクリスマスのシーズンって感じになってきました。高校生・大学生の皆さんこんにちは。
クリスマスの予定は決まりましたでしょうか?

学生は何をするにもお金がかかりますよね(笑)
バイトをしないと遊びにいけないですから、今年から学生になった方や、今のバイトに不満を持っている方は常に「なんかいいバイトないかなー」なんて探していることと思います。

そこでケンタッキーに目をつけた学生さん。
あなたのセンスはそこまで間違っていないと思います(笑)

僕の話を少ししますと大学在学中はずっとケンタッキーのバイトをメインでしていました。
お金に困っている時や時間に余裕があるときは、単発のバイトや近くのスーパー銭湯で働いていたりもしましたが、基本はケンタ。笑

記事タイトルの通り、よりによってケンタを2店舗(直営とフランチャイズ)経験しているので、その経験も踏まえてお話ししたいと思います。

ケンタッキーのバイトの仕事内容

ケンタッキーの店舗に入ったことがない人はあまりいないと思うのですが、フォーメーションは単純で以下の通りになります。
おそらく他のファストフード店もこの様な体制になっているはずです。

  • カウンター
  • フライヤー
  • 厨房

この3つです。

順番に仕事内容を見ていきましょう。

カウンターの仕事内容


注文を受けてパッキングする人ですね。
客として行ったときにカウンターの人を見ていればだいたいの忙しさや仕事内容がわかると思います。

まとめるとこんな感じです。

  • お客さんからオーダーをとる
  • テイクアウトの時はチキン等をパッキングする
  • 店内で食べる時はトレイにチキン等を入れる
  • ドリンクオーダーが入ったらドリンクを入れる
  • 定期的にフロア、テーブル、トイレの掃除を行う
  • フライヤーの補助

フライヤーの仕事内容


出典:ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーといえば「揚げ物」というイメージですが、チキン以外の揚げ物(クリスピー、ナゲット、ポテト、フィッシュ等)はすべてここで作ります。(作ると言っても油にぶち込むだけですが)
なので油断すると火傷をしかねませんので、気をつけましょう。

フライヤーはチキン以外の揚げること以外にも重要な役割がありまして、後ろの厨房と前のカウンターの間のポジションなのでうまくコミュニケーションをとったりチキン等の数をコントロールしなければなりません。
新人がいきなりフライヤーを担当することはまずないでしょう。店長やシフトマネージャーと言われるバイトリーダー的な存在の人が入ります。

まとめるとこんな感じです。

  • チキン以外の揚げ物をあげる
  • ポテトを袋に詰める
  • サンド系、ツイスター、スープ系等のオーダーが入ったら作る
  • チキン、その他の揚げ物の数量コントロール

厨房の仕事内容


ケンタのバイトを長くやっていたので、厨房から始まり、カウンターの仕事も覚え、3年目にシフトマネージャーになりましたが、一番長くやっていたのが厨房だし個人的に好きだったのも厨房のお仕事です。
厨房は基本的には黙々とチキンを作って在庫を切らさない様にするのが仕事ですので、お客対応に苦手意識のある方やマシンの様に黙々と作業したい方にはもってこいの仕事だと思います(笑)

まとめるとこんな感じです。

  • オリジナルチキンの調理
  • レッドホットチキン等、期間限定チキンの調理(第2COBといいます)
  • フローズンチキンの解凍
  • 厨房の掃除
  • フライヤー補助
  • 油(ショートニング)の補充
  • チキンのラック詰め

学生の場合、学校終わりにバイトすることになるかと思いますが、そうするとシフトが18:00~23:00とかになりますね。
閉店時間は店舗によって異なりますが、閉店までのシフトの方は必ずクローズ作業をしなければなりません。
で、そのクローズ作業が一番大変なのが厨房です(笑)

カウンターやフライヤーは夜遅くなるにつれて客足も途絶えるため比較的落ち着いてクローズ作業できるのですが、厨房に関しては1人のお客さんが家族のためにたくさんチキンを買っていったりするので、チキンの調理と並行してクローズ作業をしなければなりません。

オリジナルチキンの調理ってどんなことするの?

詳しい内容は働いてからのお楽しみって感じなんですが、「チキンの調理」と言われても漠然としすぎていると思うので僕が代表して簡単に説明します。

ケンタの店員はオリジナルチキンのことを「OR(オーアール)」と呼ぶのですが、店長やシフトマネージャーから「OR4ヘッド」とか「OR1台」のような指示がでるので、そこからチキン調理がスタートします。

「ヘッド」は鶏ちゃん1羽分(チキン9ピース)なので4ヘッドなら4羽分でチキン36本という考え方になります。
チキンを揚げる機械(クッカー)が1台36本まで揚げることができるので、「OR4ヘッド=OR1台」となります。

余談でしたが、指示された分量のチキン(18本ずつ袋詰めされてます)を冷蔵庫から取り出し、まずは「さばき」という作業を行います。

さばきというのは、だっ骨して熱を通りやすくしたり、揚がった時に見栄えが良くなる様に皮を整えるたり切除したりする作業です。慣れれば2袋分で1分とかかりません。

そこからチキンの合計の重さを測り、ナイスな揚がり具合になるように調整します。

そして衣をつきやすくするための液につけ、フラワーと呼ばれる衣となる粉にまぶします。


出典:学生アルバイト情報ネットワーク

チキンは3段式のバスケットに並べてから油にドロップするのですが、ピースによって配置が決まっているので、新人としての最初の仕事はチキンのピースを覚えることとバスケットの配置を覚えることでしょう。

油にドロップしている時間はオリジナルチキンの場合15分。
あれって実はさばきや粉まぶし(ブレディング)、ドロップ時間を全部含めると30分くらいかかるもんなんです!
コンビニの冷凍チキンとはわけが違うので、そりゃケンタにしか出せない味になりますよね。

15分の間に次のクックの準備をあれこれして、チキンが上がってきたらそれをトレイに並べてウォーミングマシンに入れる、といった流れです◎

忙しい時は厨房の人の動き方次第で店全体がうまく回るかが決まってくるので、結構重要だし奥が深いんですよ。

以上、超簡単にではありますが、あの美味しいチキンの調理の流れでした!
まとめるとこんな感じです。

  1. 生肉の状態でさばく
  2. ブレディングする
  3. バスケットに並べて油へドロップ
  4. 上がってきたらトレイに並べてウォーマーへ

もちろんこれに付随して行わなければならない作業もたくさんありますが、基本はこの流れです。

最初、覚えなければならないことはそれなりに多いですが、僕も含めて多くの新人は1ヶ月もすれば厨房は一人で回せる様になります◎

一つだけ言えることは、たかがバイトだろうが、厨房の人間はチキンの調理にプライドを持っており、より美しいチキンを追求し続けている、ということです。

ケンタのバイトって結局大変なの?

さて、ここが本題です。
ヘルプを含めて合計5店舗で働いたことがある僕の個人的な答えとしましては、

『店と人による。』です。

どの飲食店でもそうだと思いますが、エリアによって忙しい店と暇な店はあるし、店長がや先輩がうざい人間か優しい人間かにもよります。

ただそんな言葉で片付けてしまってはこの記事の意味がないので…それは大前提ということで。

ケンタッキーは、男であれば最初は厨房から、女であれば最初はカウンターから、というのが一応決まりごとの様です。
厨房に関しては割と重いものも持ちますし、油周りの仕事になるので熱いものに触れてしまうこともあります。ので、「楽な仕事」とは言えないですが、店長と良好な関係を築けさえすればかなり気楽です。

カウンターやフライヤーに関しては、お客さんが来なければほぼやることないので、めちゃ楽です正直(笑)
ただ、ケンタッキーのメニューを見たことがある方ならわかるかと思いますが、メニューがまぁ複雑。
お客さんに「どれがおすすめ?」「◯人で食べるにはどれがいいかしら?」なんてことはよく聞かれますので、多少コミュ力があったほうがいいかもしれません!
チキンやポテトを単品で頼まれた際に、自分でどのセットのほうが安いかを考えて打ち直してあげるといった配慮も必要です。
まぁそんなものは慣れてしまえば自動的にできる様になるので心配いりません。

例えば、自宅の近くにケンタがあってそこでのバイトを考えている学生さんには是非やってみてほしいことがあります。
自分が入れるであろうシフトの時間に客としてケンタへ行き、カウンターが良く見える場所でしばらく過ごしてみること。
忙しさの程度や、店員の仲の良さ、店長が怒鳴っていないかどうか、なんてことはこれを2~3回繰り返せば容易に把握できます◎
たまに2回席だけの店舗もありますが、おすすめですのでまだ面接の電話をする決心がついていない方は是非実践してみてください。

直営店かフランチャイズ店かもチェックしよう

KFC店舗検索で一度バイトしようか迷っている店舗を探してみてください。
このリストにあれば直営店、なければフランチャイズ店ということになります。

全国売上上位3位以内にランクインするほどのお店に勤めていたこともありますが、まぁ〜マニュアルが徹底されすぎw
いやマニュアルがしっかりしているのはいいことなんですが、きっちりしすぎていて僕は合わなかったですね。

一方、フランチャイズはマニュアルはありつつも、ある程度社長の裁量で緩むことがあるとおもいますので、働きやすいのはフランチャイズかなと思います。
直営店でも人がよければ楽しいバイト生活を送れることとはおもいますが^^;

まかないはあるの?チキン持って帰れるの?

さて、バイト仲間に仲いい人が特にいなければケンタッキーで働くメリットなんてないですよね(笑)
バイトとして頑張って働いているんだから、ちょっとくらい時給以外でも何かメリットが欲しいですよね。

結論行ってしまうとケンタッキーにまかないという制度はありません。
ただお昼を跨ぐシフトのときは、従業員価格で食べることができます。

そして閉店まで働くと、ほぼ100%チキンが余りますよね。そのチキンを持って帰れるのかどうかは正直なところ、店舗によるというか店長によるというか。
店長が頭の固い人間でなければって感じですかね。
ケンタもそんくらいバイトに対してしてあげないといずれ深刻な人不足になると思います。

この点に関しては、既に働いている知り合いがいるなら聞いてみるのが一番ですが、いなければ働いてみてのお楽しみですね…。

まとめ

ケンタッキーのバイト事情について記述してきましたが、求めている情報はみつかりましたでしょうか?
働きやすさ等に関しては「店舗と人による」という要素がどうしても強くなってしまうのでなんともいえないですが、仕事内容に関しては上述した通りです◎

特にバイトなんて長く続けていれば自動的に立場が上になっていきますから、続けられそうなバイトを長く続ければいいと思います。
ケンタッキーで一度働いてみて、自分には合わないと思ったら簡単に辞めればいいだけの話です!

あなたにとって良いバイト生活が待っていますように!

【関連記事】

社畜になるな!そうだ本当に辞めたいバイトは辞めちゃおう。