Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
          
iMovie Motion5の解説サイトはじめました

【スマホでお勉強】『熟語編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧





【関連記事】

【スマホでお勉強】『言葉の意味編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧
【スマホでお勉強】『四字熟語編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧
【スマホでお勉強】『ことわざ・慣用句編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧

対義語


膨張ぼうちょう



収縮しゅうしゅく

静寂せいじゃく



喧噪けんそう

高貴こうき



下賤げせん

否認ひにん



是認ぜにん

濃縮のうしゅく



希釈きしゃく

保守ほしゅ



革新かくしん

潜在せんざい



顕在けんざい

相対そうたい



絶対ぜったい

内包ないほう



外延がいえん

唯物ゆいぶつ



唯心ゆいしん

分析ぶんせき



総合そうごう

抽象ちゅうしょう



具体ぐたい

賢明けんめい



暗愚あんぐ

寡黙かもく



饒舌じょうぜつ

慎重しんちょう



軽率けいそつ






興隆こうりゅう



衰亡すいぼう

諮問しもん



答申とうしん

故意こい



過失かしつ

悠長ゆうちょう



性急せいきゅう

甚大じんだい



軽微けいび

文治ぶんじ



武断ぶだん

禅譲ぜんじょう



放伐ほうばつ

益虫えきちゅう



害虫がいちゅう

謙遜けんそん



不遜ふそん

開始かいし



終了しゅうりょう

記憶きおく



忘却ぼうきゃく

一般いっぱん



特殊とくしゅ

類義語


謙遜けんそん



謙譲けんじょう

由来ゆらい



由緒ゆいしょ

異論いろん



異議いぎ





批判ひはん



批評ひひょう

横領おうりょう



着服ちゃくふく

臆病おくびょう



小心しょうしん

躊躇ちゅうちょ



逡巡しゅんじゅん

比肩ひけん



匹敵ひってき

滞在たいざい



逗留とうりゅう

既往きおう



過去かこ

継承けいしょう



踏襲とうしゅう

堅持けんじ



墨守ぼくしゅ

死亡しぼう



物故ぶっこ

悠長ゆうちょう



鷹揚おうよう

旅費りょひ



路銀ろぎん

混沌こんとん



カオス

短所たんしょ



デメリット

矜持きょうじ



プライド






主な漢字熟語の例


隘路あいろ



「狭い道。難関」

軋轢あつれき



「仲がうまくいかないこと」

衣鉢いはつ



「その道の奥義」

迂遠うえん



「回りくどい様」

迂回うかい



「回り道をすること」

嚥下えんげ



「飲み下すこと」

怨嗟えんさ



「恨み嘆くこと」

鷹揚おうよう



「余裕がある様子。ゆったりとした態度。」

悔悟かいご



「後悔すること」

邂逅かいこう



「思いがけず出会うこと」

晦渋かいじゅう



「言葉や文章が難しく、分かりにくいこと」

角逐かくちく



「競い合うこと」

喝破かっぱ



「叱りつけること」

官衙かんが



「役所」

諫言かんげん



「目上の人に対する忠告」





喊声かんせい



「突撃するときの叫び声」
(類語:鯨波げいは

屹立きつりつ



「そびえ立つこと」

矜持きょうじ



「自信と誇り」

狭量きょうりょう



「心が狭いこと」

禁裏きんり



「宮中」

愚昧ぐまい



「おとかで道理を解さないこと」

圭角けいかく



「言動などに角があること」

稀有けう



「滅多にないこと」

懸隔けんかく



「かけ離れていること」

嚆矢こうし



「はじめ。最初。」

巷説こうせつ



「世間での噂」

拘泥こうでい



「こだわること」

忽然こつぜん



「にわかに。突然。」

固陋ころう



「頑固な様」

猜疑さいぎ



「疑うこと」






颯然さつぜん



「風がさっと吹く様子」

雑駁ざっぱく



「まとまりのない様子」

蹉跌さてつ



「失敗。挫折。」

左党さとう



「酒好きな人」
(対:右党 酒が飲めず甘いものが好きな人)

讒言ざんげん



「他人を陥れるための、事実でない告げ口」

暫時ざんじ



「しばらくの間」

忸怩じくじ



「内心恥ずかしく思う様子」

悉皆しっかい



「全部。残らず。」

桎梏しっこく



「自由を奪うもの。束縛。」

洒脱しゃだつ



「さっぱりしていて垢抜けていること」

驟雨しゅうう



「にわか雨。夕立。」

周旋しゅうせん



「仲立ち。斡旋。」

須臾しゅゆ



「ほんの短い間」

逡巡しゅんじゅん



「ためらうこと。躊躇。」

潤沢じゅんたく



「豊富にあること」

馴致じゅんち



「慣れさせること」





捷径しょうけい



「近道」

上梓じょうし



「書物を出版すること」

憔悴しょうすい



「病気や心労でやつれること」

焦眉しょうび



「事態が差し迫っていること」

従容しょうよう



「落ち着いた態度」

称揚しょうよう



「ほめたたえること」

塵芥じんかい



「ごみ。無価値なもの」

呻吟しんぎん



「うめくこと」

真摯しんし



「まじめなこと。ひたむきなこと。」

斟酌しんしゃく



「事情や心情を汲み取ること」

進捗しんちょく



「物事が進み捗ること」

辛辣しんらつ



「言い方などが非常に厳しいこと」

趨勢すうせい



「成り行き」

脆弱ぜいじゃく



「脆くて弱いこと」

刹那せつな



「極めて短い一瞬」

僭越せんえつ



「差し出がましい様」

漸次ぜんじ



「だんだんと。次第に。」






羨望せんぼう



「羨ましがること」

齟齬そご



「食い違い」

粗忽そこつ



「軽はずみなこと」

咀嚼そしゃく



「食物をよく噛み砕くこと。また、物事をよく考え、十分理解すること」

忖度そんたく



「人の気持ちを推し量ること」

端緒たんちょ



「物事のきっかけ、手がかり」

耽溺たんでき



「夢中になること」

知己ちき



「自分をよく知っている人」

逐次ちくじ



「次々。順を追って。」

逐電ちくでん



「逃げて姿をくらますこと」

蟄居ちっきょ



「家の中に籠ること」

凋落ちょうらく



「落ちぶれること」

顚末てんまつ



「物事の始めから終わりまでの経緯」





恫喝どうかつ



「おどすこと」

陶冶とうや



「才能などを育て上げること」

逗留とうりゅう



「しばらくとどまること。滞在。」

訥弁とつべん



「話が下手なこと」

如実にょじつ



「実際のまま」

捏造ねつぞう



「でっちあげ」

能書のうしょ



「字が上手なこと」

播種はしゅ



「種をまくこと」

反駁はんばく



「反論」

頒布はんぷ



「広く配ること」

庇護ひご



「庇い守ること」

畢竟ひっきょう



「結局」

瀰漫びまん



「風潮などが蔓延すること」

謬見びゅうけん



「誤った見解」

披瀝ひれき



「考えを打ち明けること」

尾籠びろう



「きたないこと」

吹聴ふいちょう



「言いふらすこと」






風靡ふうび



「多くのものを従わせること」

敷衍ふえん



「押し広げること」

不遜ふそん



「思い上がっていること」

辟易へきえき



「うんざりすること」

劈頭へきとう



「物事の最初」

碧落へきらく



「大空。青空。」

僻論へきろん



「間違った考えや誤った議論」

瞥見べっけん



「ちらっと見ること」

偏頗へんぱ



「考えが偏っていて不平等なこと」

咆哮ほうこう



「吠えること」

彷徨ほうこう



「さまようこと」

幇助ほうじょ



「手助けすること」

放埓ほうらつ



「好き放題に振る舞うこと」





朴訥ぼくとつ



「飾り気が無く素朴な様子」

妙諦みょうてい



「真理。本質。」

馬手めて



「右手 (対:弓手 左手)」

揶揄やゆ



「からかうこと」

夭折ようせつ



「若くして亡くなること」

埒外らちがい



「範囲外」

罹災りさい



「被災」

凌駕りょうが



「他を上回ること」

領袖りょうしゅう



「集団の長」

吝嗇りんしょく



「けち」

黎明れいめい



「夜明け。時代の初期」

老獪ろうかい



「経験を積んで悪賢いこと」

籠絡ろうらく



「うまく言いくるめて思い通りにすること」


【関連記事】

【スマホでお勉強】『言葉の意味編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧
【スマホでお勉強】『四字熟語編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧
【スマホでお勉強】『ことわざ・慣用句編』「日本語検定 2級」・「SPI 言語」に出てくる問題一覧