大手に就職したい?超絶ホワイトな大企業に勤める僕は幸せなのか。

『大手に就職したい。』
学生期間中、あるいは就活中にこう思っている人に向けて伝えたいことがあります。

世間一般、特にここ日本においては、大企業に就職という言葉はすごく輝いていて、良いものとされていますよね。

正直のところ僕も大企業に就職をしまして、毎日せっせか働いています。

大手に就職したいと強く思い、何かのご縁でこの記事にたどり着いてくれたあなたからしてみれば、羨ましいことなのかもしれない。

けれど、僕はいまはっきりと言えます。

幸せではない!!!!!

、、、(笑)

ほんと情けない話ですが、これから何十年に渡って、僕みたいな悩みを抱える新入社員が少しでも減ればいいなという思いです。

ちょっと語りますね。
大手ホワイト企業に就職しても幸せになれるとは限らないことや就活で失敗しないためのマインド等、あくまで僕個人の経験や考えに基づくものなので、こういう人間もいて、こういうこと考えてんのかっていうサンプルとして捉えてください(笑)

結局のところ、どんな意見を聞いたって決断して行動していくのはあなたですから。

僕が学生だった頃の考え方や就活の仕方

ちょっと僕の話をさせてください。

何不自由なく教育を受け、大学まで通えて卒業できたことは両親に感謝しかないですが、
一応ステータスとしては申し分ない学歴。

偏差値60後半の都立高校を卒業、大学受験は危なっかしかったですが、なんとか一流大学といわれる大学に入学。
大学生は人生の夏休みとか言われますが、おもいっきりそのお言葉に甘えて遊びまくっていた日々笑

単位を取るために徹夜で勉強した日もありましたが、それもいまとなっては充実していて幸せな日w

そんなザ・大学生な僕は当時、就活や将来についてこんな風に考えていました。

  • とりあえず大手
  • 特にやりたいことがないからいろんな業界受けよう
  • 大手で終身雇用が理想

てな感じで、これといってやりたいことがなければ、若しくは他にやりたいことがあったとしても安定した生活のためにこのような考えで就活する学生はたくさんいると思います。

けれど、実際にそのような考えで就活を経験し、大手に就職した僕から言わせてみれば、
そんなことはどうでもよかったです。

#就活タグを覗いて頂ければ分かるかと思いますが、僕は幼い頃からパイロットになりたいという夢を掲げていました。
自社養成パイロットの試験に落ちたからといって、長きに渡って憧れていた職業を簡単に諦め、全く興味のない仕事をすることに決めたことをかなり後悔しちゃってます。
航空大学への入学にチャレンジしておけばよかったとも思います。

タラレバじゃないですけど、結局何が言いたいかと言うと、

とりあえず大手な思考は危険です。
もしそれが叶ったとしても、きっと入社してすぐになんか違うとこ来ちゃったなって思う可能性が非常に高いです。

現代は豊かになり過ぎていて、仕事と割り切って月から金の朝から晩までストレスを溜めながら働くには相当自分の感情ややりたいことを殺しながら働かなければなりません。

だから、いまもしやりたいことや寝食を忘れるほど好きなことがあるなら、とことんそれをやっていけばいいと思います。
いまはネットの発達のおかげで、極めたものなら何でもお金になる時代です。
もちろん楽して食べていくなんてことはできないですが、どうせ頑張るなら好きなことを頑張った方がいいですよね。

いまやりたいことが特になく、とりあえず大手に就職できればいいやと思っている学生や就活生に忠告です。
すぐに好きなことを見つけた方がいいです。
ていうか何かしらあるはずなんですよね誰しも好きなことのひとつやふたつ。
その分野をとことん勉強して自分の価値を高めていくことを個人的にはお勧めします。
大企業に勤めていて、仕事が楽しくてしょうがないなんて人に会ったことがない笑

ホワイト企業に入れたから幸せ?

話を戻しまして、現在僕が勤めている企業のホワイト要素を列挙してみます。

  • 定時は9時-17時
  • 土日祝完全オフ
  • 有給20日間(新人は12日)
  • 残業は徹底して20時間以内
  • 40歳の平均年収1,000万円越
  • ベネフィットステション導入
    (年間6万円分の書籍購入やジム、整体等のサービスが受けられる福利厚生)
    有給5日間連続で取得すると5万円補助(年1回)

客観的に見ればこんなホワイティな企業、是非とも就職して長く働きたいと思う学生もいるかもしれない。

けれど敢えて声を大にして言おう。

僕は幸せだと感じない!!!
(2度目)

月から日までずっと気持ちが塞いでいるし、毎朝死んだ目をしてゾンビみたいに通勤しているサラリーマンのうちの一人だ。

定時が9時-17時だとしても、通勤時間やら少しの残業、病んだ気持ちでのご飯やお風呂をしていると1日が終わってしまうw
土日に休むためになんとか這いつくばって平日仕事してるという次第…。
おっさん達と飲みにでも行けば、その日を犠牲にして稼いだお金のうち数千円が軽く飛んでいく。

サラリーマンという生き方を否定しているわけではない。
仕事は仕事!と割り切ってできる人には最適な仕事だと思う。
けれども、そう簡単にきっぱり割り切れるものではないんですよね、ロボットじゃないし。

勤務時間が他の企業と比べて短くても(これでも働きすぎと言われる日本の法定勤務時間)、つまらなすぎる仕事をやる時間は本当に苦痛です。
自分が心からやりたいことであれば、睡眠時間を削ることになろうとも、つまらない仕事を嫌々する自分よりも輝いているはずです。

大企業は人の役に立っている実感がまるでない

ここが一番伝えたいことですが、大企業って結局トップダウンなんです。
上がダメといえばダメだし、やれといえばやるです。

会社が大きいといちいち稟議と言われるものを書いて上の決裁をもらわなければなりません。
こんなことを四六時中やっていると、「会社の駒」でしかないな自分って思うようになります。

20年30年と世代が違うオッサンたちに合わせて働かなければいけません。
誰のために?何のために?働いているのかがわからなくなってきます。

「大企業に入ってデカいことがしたい!」
そう思う学生さんもいるかもしれませんが、結局従業員一人のレベルで考えると、業務内容は面倒な電話や書類作成です。
そんなもんなんです。

だから僕は、大企業でアリンコみたいに働いている時間の5000倍くらい、こうしてブログを書いて、あなたを始め多くの方々に読んでもらえている方が人の役に立つということだと思うし、生きている実感が湧くのです。
どんな時に嬉しさを感じるか、やり甲斐を感じるかはもちろん人それぞれだと思います。
もしそれがあるならば、とことんその分野を極めてみてほしいです。

学生の頃は大手に内定をもらい就職することは、周りのみんなをハッピーにしますよね。
親も安心するし。
けど結局のところそれは周りの人のため、周りからよく思われるためであって、
自分のためではありません。

大企業に就職したい病にかからず、もう一度自分とよく向き合ってみて欲しいです。

僕は明日からまたゾンビ生活が始まりますが、みなさんはまだ間に合います(笑)