Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
          
iMovie Motion5の解説サイトはじめました

5万円代でヤマダ電機の株を100株購入。優待や長期保有利回りは?

6月22日、ヤマダ電機の株を一単元買いました!

取引履歴をまとめておきます。

東証 9831
銘柄 (株)ヤマダ電機
株式 現物買
条件 指値
株数 100株
単価 542円
口座 特定
受渡 △54200円

ヤマダ電機の株価推移

ヤマダ電機の5年間の株価推移です。

5年間で見るとそこまで買い時ではないのかもしれませんが、
1年間で見るとこうなります。

こりゃもう買うしかないでしょう(笑)

利確の9月が近付いてくるとまた上がってきますから、
6・7月の今が買い時だと思います。

家電量販店売上首位のヤマダ電機

どうなんでしょう。
ビッグカメラがコジマを買収して勢いをつけても、ヤマダ電機はびくともしない印象です。

ヤマダ電機の平成30年3月期の決算短信によると、売上は1兆5000億超え。
昨年はマイナス3.1%の下落となりましたが、今年は0.7%成長と、少しだけ持ち直したようです。
一方、続くビッグカメラは2012年にコジマを買収しましたが、
売上は8000億円弱と、首位のヤマダ電機の半分ちょいとなっています。

けれど、29年度の営業利益ベースでみると、
ヤマダ電機は387億、
ビッグカメラは218億と売上高に乖離がある割にはビッグカメラも頑張ってます。

コジマが地方に多く展開しているので、今後長期でみたときにお荷物状態になってしまうのではないかという心配は個人的にあるのですが、ビッグカメラもなかなかの優良企業といえます。

いずれリスク分散のためにもビッグカメラの株は買おうと思っているのですが、
今回は家電量販店の首位としてヤマダ電機の株を買いました。
もちろん長期保有目的で!
ヤマダ電機は長期保有優遇制度があるとってもナイスな株なんです◎

ヤマダ電機の株は長期保有に向いている!

ハーバービジネスオンラインの記事で、ヤマダ電機の長期保有優遇制度の説明がわかりやすくされていたので、その箇所をまるっと引用させて頂きます。

ヤマダ電機は100株持っていると、3月に1000円分の優待割引券、9月には2000円分の優待割引券がもらえる。ところが、1年以上継続して保有すると3月は1500円分、2年以上だと2000円分が追加でもらえ、9月は1年以上継続して保有すると500円分が追加でもらえる。つまり、通常は100株で年間3000円分だが、1年継続保有すると年間5000円分、2年継続保有すると5500円分の優待割引券がもらえるのだ。

そう、つまり僕の買入時の株価を例にとると、
542×100=54200
(5500÷54200)×100=10.15%

一株あたりの配当金が現在17円なので、配当金と優待を合わせた利回りは、
(7200÷54200×100=13.28%

上記は2年間ずーっと保有してた場合の利回りの例ですが、

5〜6万円で買える株でこの利回りはスーパーお得な株だと思います!

ええと、1年目が3000+1700=4700
2年目が5000+1700=6700
3年目からは5500+1700=7200
2年目までで11400円回収できるとすると、実質投資額が54200-11400=52800円

優遇された優待での利回りで考えると、
52800/7200=7.3
辛く見積もって8年!
1年目と2年目を加味すると10年。
10年で元本回収できる株。
ちょっと皮算用が過ぎましたが…魅力的です!

前回のすかいらーくは16年かけて回収するつもりだからな〜笑
正直現実的ではないけれど、ヤマダ電機の株を10年保有することなら楽勝にできそうです!

現実2018年6月24日の日曜日ですが、月曜も少しずつ株価下がると思うので、わんちゃんもう一単元買い増しします!笑

それでは、ヤマダ電機の株買い報告でした◎

※この記事はあくまで私一個人の意見であり、当該銘柄の売買による株価を操作する意図は全くございません。