Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
          

Motion5の使い方をわかりやすく説明しよう。基礎編

こんにちはkouです!

以前、こちらの記事で、
「Motion5ってこんなに使えるんだよ〜!」ということをお話しました。

Motion5でどんなことができるのかざっくり紹介します!

この記事では概要しか伝えることができず、
具体的な編集方法などはお話しできなかったため、少しずつそーゆーコンテンツも増やしていこうと思います!

ということで!
今回はその第1回目の記事として、
【めっちゃくちゃ初級編】
App Storeで購入するところから、とりあえずこれさえやれば動画を作れる、というところまでご説明します^^

 

App StoreでMotion5を購入しよう

 

まだMotion5を購入するか検討中の方や、購入の仕方がわからない方のためにここからご説明します!

といってもMacユーザーの方向けですね…。
WindowsとMotion5の互換性があるのかも謎ですし、自分もずっとMacを使っているので…。
Windowsユーザーの方はAfter effectを買ったほうがいいと思いますよ〜。

 

手順1 App Storeにアクセス

Macの方はデスクトップ画面の下のツールバーのこのアイコンからいけます!

もうそんなん知っとる!!
という方も多いと思いますのでさらっと流します!

 

『Motion』を検索

AppStoreのホーム画面が出てきましたら、
赤枠で囲った検索できる部分、右上にありまーす。

『Motion』と検索しまーす。
『Motion5』と検索すると出てこず、なぬっ⁉︎となってしまうので注意。

すると出てきます1番最初に!
これです。

Motionを入手(購入)

 

このソフト(アプリ)をあなたのMac本体にインストールしまーす!

僕はもう購入してしまっているので、『開く』になってますが、これから購入される方は『入手』をクリックすると、購入手続きが始まります。

支払い方法はクレジットかコンビニで売ってるAppStoreカードのどちらかでしょう。

インストールが終わったら自動的に、先ほどのAppStoreのアイコンの左、
Launchpadのアイコンの中に表示されているかと思います。

こいつです。
ちなみにcommand+shift+5でアプリを探せます。

さぁこれで準備は整いました!!

Motion5を購入したはいいけど、使い方がちんぷんかんぷんな方のために、
最初はこうしたほうがいいですよ〜的なことをまとめていきます。

 

言語の設定

 

Motion5のデフォルトって確か英語だったと思うんですが…。

最初の設定のとこで言語設定ができると思うので、忘れずに日本語にしましょう。
この辺の記憶は曖昧なので違っていたら御免なさい。

あとは、Macの画面左上にあるアップルのロゴから、
【システム環境設定】→【地域と言語】で、
最優先言語が日本語になっていることを確認してみてください。

まぁこんな面倒なことしなくてもMotionの最初の設定で日本語表示にできたと思います。

 

各種機能説明

 

さあ面倒なことが終わり、これでやっと動画編集ができます!

あなたが作成したい動画はなんですか?

ゲーム実況動画ですか?
旅行の思い出ムービーですか?
はたまた、彼女へのサプライズムービーでしょうか?

期待で胸が膨らみますね♪笑

ですが今回は【めっちゃくっちゃ初級編】ということで、
実際の画面をお見せしながら、
ここはこんなことをするとこですよ〜なんて説明をしていきます。

 

ファイルブラウザ

 

まずMotionを立ち上げた時、こんな画面が出ましたでしょうか?

設定によってはでないかも?
でたら、左上の【motion プロジェクト】を選択します。
普通の動画編集でしたらまずこれで大丈夫です。
というかほぼなんでも出来ます。

すると新規プロジェクトが立ち上がり、こんな画面になります。

実際最初この画面を見た時は、

「ちょっちょ何から始めれば…」状態でしたが、慣れてしまえば簡単です!

ではわかりやすく解説していきますね^^

 

素材を読み込む

 

まずは左上の【ファイルブラウザ】から。

ここから、編集する元となる動画や写真、画像、音楽などを読み込みます。

パソコンに保存されてるこれらのメディアを読み込んで、このmotionというソフトで編集するということですね。

ONE PIECEの動画めちゃ入っとるw
はずかしw

でも実際、いちいちここから読み込まなくても、デスクトップからドラック&ドロップすれば読み込めてしまうので、普段の作業でこの【ファイルブラウザ】を使うことはほとんどありません。

動画にバックミュージックとして、iTunesに入っている曲を使うときとかに、
ここから読み込みますね♪

 

様々なエッフェクトはライブラリで

 

その右、【ライブラリ】

これはまぁ絶対に使います。
お金出してまでMotion5で本格的に動画編集しようと考えている方なら絶対に。

よく使うのが一番上の【ビヘイビア】です。
これで動画やテキストに様々な動きをつけます。

ニコ動のように右から左にバーッと文字が流れるようなテキストを作りたい場合も、
【ビヘイビア】内の【テキストアニメーション】で作ります。

【ビヘイビア】の下の【フィルタ】もしょっちゅう使いますよ。

素材となる動画の色彩を変えたり、ぼかしたり、エフェクトはほぼ全部ここでします!

ちなみに、この画像、

画像1枚だけです!
本当は動いてるんですけど。

こんな感じで簡単に【ライブラリ】を使えばかっこいい動画が出来上がります。

何度も言いますが今回は
【めっちゃめちゃ初級編】ですので、詳しいお話は割愛させていただきますw

 

細かい調整をする

 

その右、【インスペクタ】

ここでは、上の【ライブラリ】で素材にエフェクトを加えた後、
細か〜〜〜〜い調整をします。

例えば、
【ファイルブラウザ】で画像を読み込みます。

その画像を【ライブラリ】で好きなようにエフェクトを加えます。

【インスペクタ】でそのエフェクトをさらに細かく編集、調整します。


 

左の部分ですね。
とにかく無駄にクソ細かいです(笑)

【PR】

iMovieやMotion5と併用することでよりいい感じの動画を作ることができるオススメの編集ソフトがあります!
Wondershare Filmoraというソフトなのですが、豊富なトランジッションを用いたスライドショーを作れたり、シャッターフレームやオシャレな日付素材など、凝った動画を作るのに非常にオススメです↓



動画編集ソフト【Wondershare Filmore】でDVDを作成しよう!

続きます!

意外と長くなってしまったので、
続きはまた来週の記事で!!

 

今回は、Motion5の入手方法と、起動方法
そして、
【ファイルブラウザ】
【ライブラリ】
【インスペクタ】についての簡単な説明をしました!

次回は、プロジェクトの編集や動画、テキストの挿入のお話をしたいと思います。

早く具体的な動画編集の方法の記事を書きたいです^^

最後までご覧になってくださてありがとうございます♪

【Motion5に関する記事一覧】