Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
          
タイムセール実施中!
化粧品購入でAmazonギフト券1,000円分が実質無料キャンペーン(11/21まで)

動画をDVDに焼く方法!お店にはどのUSBを持っていけばいい?

皆さま、こんにちは。
閲覧ありがとうございます。

先月、従兄弟が結婚式を挙げまして、その動画を編集してプレゼントしてあげたのですが、、、

まぁ〜自作動画をDVDに焼く方法がないない。
探しても出ない出ない。

で、試行錯誤して出した結論。

 

【windowsで作った動画】

  • デジタルプリントショップにUSBを持って行って焼いてもらう
  •      

  • 有料ソフト「Wondershare Filmore」を使って焼く
  • ※windowsにあまり詳しくないので、オーサリング機能があるソフトは他にもあると思います。

 

【macで作った動画】

  • デジタルプリントショップにUSBを持って行って焼いてもらう
  • 無料ソフト「Burn」を使って焼く
  • 有料ソフト「Wondershare Filmore」を使って焼く

です。

 

悪いことは言わない、お店に持って行って焼いてもらいましょう。
これが僕の出した結論です。笑

※追記
パソコンが得意な方は、DVD作成機能がついている有料ソフトの購入もぜひご検討ください。
お店に持って行って作ってもらうのもいいんですが、どうせ値段もあまり変わらないしずっと使えるものなので、有料ソフトもおすすめです(笑)

【最強】DVD作成ソフト3選!自作動画をパソコンからDVDに焼こう!

まぁでもきっとこの記事を読んでくださっている方は、お店で作ってもらうことに前向きだとおもうので …(追記終わり)

今回は上記の「デジタルプリントショップにUSBを持って行って焼いてもらう」方法を実体験を踏まえてお話しします。

 

USBからDVDへの変換はお店でやってもらおう!

 

要は駅周辺や商店街でよくみる「デジタルプリントショップ」です。
富士フィルムとかカメラのキタムラとかスズキカメラとか、証明写真をいい感じに撮ってくれたりするあれです。

ちなみに私は喜多見のスズキカメラで、55分にも及ぶ約8GBのMP4動画をブルーレイと普通のDVD-Rそれぞれ焼いてもらいました。
ブルーレイと普通のDVD-Rで値段の差異はそれほど無く、非常に満足のいく仕上がりでした!
ありがとうございます。

 

店頭の看板などで、「スマホの写真・動画をDVDにダビング!」などと書いてある店舗は大抵、
USBからのダビングもやってくれると思います。

1時間以内の動画であれば、1500円前後で約1週間ほどで仕上げてくれます。
また、プラス500円くらいでDVD本体に写真プリントもしてくれるので、結婚式などのフォーマルな動画にはもってこいです。

ただ店舗によってはUSB→DVDができない店舗もありましたので、事前に確認が必要ですね。



macユーザーはUSBに注意しよう!!

 

ここが最大の難関。
店舗がデータの吸い上げように使用しているPCはまずwindows。
だがmacとwindowsでは互換性がないため、macで作った動画をUSBに保存し、店舗のPCに差し込むと「フォーマットしてください」などとエラーが出てしまうことがあります。

windowsの方はそのまま店舗へUSBを持っていけば大丈夫です。

 

本当にここは私も完璧には理解していないところでありまして…
基本的にwindowsとmacの両方に対応しているUSBを使えば問題はないと思います。

が、それでもダメだったUSBもあったのでここで紹介しておきます。

 

windowsとmac両方で使えたUSB

 

【TOSHIBA win/mac対応USB(4GB,8GB)】

 

【Macのためのシンプルデザイン】

 

【スライド式USBメモリーVERTEX STYLE】

こいつ結構優秀。
TUTAYAで買いました。

 

「フォーマットしてください」のエラーが出たUSB

 

【BUFFALO USB】

なぜだかこのBUSはダメでした….。

対応してるんだけどな〜、なぜかダメでした。

 

これ以外は試していないのでわかりません。
パッケージにwin/mac対応!と自信満々に表記してあるUSBはおそらく大丈夫でしょう。

 

4GB以上の動画の保存について

 

ちなみに、

動画ファイルの容量が4GBを超えてしまった場合、USBの拡張子を「exFAT」に変えてから保存する必要があります。
というか、1つのファイルでUSBに保存できるのが最大4GBまでなので、それを保存するには8GB以上のUSBでexFAT形式でないと無理です。

とは言え、僕みたいに動画編集のプロが作ると余裕で4GB超えちゃったりするんですよね。←

そんな時のためにmacでUSBの拡張子を「exFAT」にする方法をご紹介します。

 

①USBをPCに差し込む。

②ツールバー右上の検索窓で「ディスクユーティリティ」と検索。


③対象のUSBを選択し「消去」
(フォーマットするとデータは全て消えるので、必要な場合はデータを移してください。)


④「フォーマット」を「exFAT」にして「消去」


 

以上です。
これで4GB以上の動画ファイルを保存できるようになります。
4GB以下であれば上記の作業は必要ないです。

 

とにかく動画をDVDに焼きたい時は直接店舗に行ってやってもらうのがオススメです!
最近ではネットで料金もみれるのでまずお近くのデジタルプリントショップを探してみてください♪

閲覧ありがとうございました。